自分の目を疑ってみることも大事な健康管理!色覚障害のこと

あなたはどちらに見えていますか?

私だけでしょうか? 色についての個人的認識が絶対的ではないのではないか?なんて疑問を拭えないでいるのは・・・。 個人的なことですが、昔から鮮やかな色彩の風景や物体と対峙する時、決まって考えてしまうことがあります。 「今、続きを読む

 この記事は約 5 分で読めます