そうだ秩父、行こう。


そうだ秩父、行こう。

秩父地方で愛されている名物B級グルメ、その名も「わらじカツ丼」


白飯の上になんとも大きなカツがボンッ!ボンッ!!
一足の「草鞋(わらじ)」を連想させるように、でっかいカツが2枚も乗っているという贅沢な代物。

わらじカツ丼

フタが閉まりきらずに、カツが顔を覗かせてしまう程なんです。

その食べ方はフリースタイルですが、1枚目のカツを丼のフタに一旦待機させます。
そして、2枚目のカツから頂くようにすると、カツがカツを邪魔しなくてすみますね。

カツ×カツ言っててよくわからん・・・。

また、秘伝のタレで味付けされたカツの旨いことなんのって。
秩父味噌でしょうか!?
タレには味噌が混ぜてあるような深い味わい。

ボリューム万点!満腹万歳!
これは、とんかつ好きの方に是非オススメします。

今回、私がご馳走になったのはこちらの「梵天茶屋」さん。

梵天わらじかつ丼(限定)1,000円(みそ汁・漬物・温泉卵付)

他にも、色々なお店でわらじカツ丼を食べることが出来るようですが、
主にライダーにとって絶大な人気を誇っている「安田屋」さんというお店があるようです。

秩父へお出かけの際は、是非ご賞味くださいませ。


[記事公開日]2014/03/31

コメントを残す