ソーシャルスワイプの募金活動がちょっと話題に!


ソーシャルスワイプ

皆さんは募金ってしたことありますか?

私は、ありません…。

こんなこと言うと、悪いことしているわけではないのに、白い眼で見られそうな気がしますが・・・。
気にしないことにします。

ソーシャルスワイプという募金活動がちょっと話題になっているようなのでご紹介します。


ss8

やり方は簡単

ss1

見つめられたら財布からクレジットカードを出します。

ss2

画面上に映し出される映像にクレジットカードをスワイプします。

ss3

すると、誰かの縄を切って自由の手助けを出来たり、

ss4

かなり大きなパンを切り分けたり、

ss0

募金活動のその先をイメージを視覚的に見せてくれるんです。

ss5

実際の募金額は2ドル。小さな心の積み重ね!

ss7

Thank you for donating!

ss6

クレジットカードの明細にもキチンと記載されます。

今までにない、募金活動というお金を渡すという行為の先に何があるのか?
というビジョンがその場で感じ取れるという点がユニークですね。

海外は日本よりもクレジットカードの利用率が高いので、カードを切ることにそこまで抵抗が少ないようですが、日本の公共の場に設置した場合スキミングされるのではないか?なんていう問題があるのでシステム的に難しいかもしれませんが・・・。

SuicaやPASMO、お財布ケータイ等であれば少なからず抵抗感は少なくて現実的かもしれませんね。


[記事公開日]2014/05/12

コメントを残す