【Ps】マスキングテープの作り方


140331title

先日、マスキングテープ風画像を作ったのですが、思いのほかキレイにソレっぽくできたので、ここで作り方をご紹介。


1.マスキングテープの形を形成

2 3 4

サイズや長方形の比率は大体です。
横のマスキングテープをちぎった部分は、多角形選択ツールで作りました。
なんか難しいコト考えずに、なんとなくギザギザしている方がそれっぽくなると思いました。
ギザギザ囲んだら、切り取ります。チョキッ!

2.マスキングテープの柄を決めます。

5

(1)で形成したマスキングテープのレイヤーにレイヤースタイルを付けましょう。
今回はよりマスキングテープっぽく水玉にしてみました。

レイヤースタイルの「パターンオーバーレイ」で柄を決めます。
そして、この時、描写モードは「乗算」にしておきましょう。
柄を決め「OK」したら、コチラの「塗り」を0%にします。

6

こうしておかないと、マスキングテープならではの微妙な透け感が出ませんの。
続いてこのレイヤーをコピーして、その場にもう一つ作ります。

もう一つの方は、描写モードを「通常」にして、不透明度を70%にします。
乗算にしたレイヤーを「乗算」、通常にしたレイヤーを「通常」と名付けましたよぉ。

3.マスキングテープのシワを形成します

7

まず、さっき作ったレイヤーの「乗算」の方を更にコピーして増やします。

9

そこを消しゴムツール(ぼかし系ブラシ)でシワの影になるところを残して消していきます。
つまりシワの谷の部分ですね~。
よく想像してみてくださいね~。縦に少しづつ入れればOKです。

「乗算」レイヤーをコピーし消しゴムで消したりした、このレイヤーを更にコピーします。コピッ!
今度は「描写モード」を「スクリーン」に。

10

このレイヤーはシワの艶になるトコロになります。シワの山になるトコロですね~。
なので、先ほど作ったシワの影になっているトコロの上や、はたまた光の当たり具合まで気にしちゃうアナタは角度なども考慮して、いい感じの位置を残して、他をまた消しゴムツールで消しましょう。

11

なんとなくいい感じになってきましたね!? 更に・・・

12

両端にチラッとペンツール(ぼかし系ブラシ)で白をチョンチョンチョンと付けてあげます。
そして始めの頃作った「乗算」レイヤーを選択し、「選択範囲の反転」を行い、

13

キリヌキ!チョッキンコ!すると~

14

ビリッと破いたかのごとく、白いのりしろまで表現!
写真の上とかに置いてみれば、ホラいい感じ♪

15

あ、さらに少~しだけ影が付いた方がより、それっぽいので、
一番下にきている「乗算」レイヤーに影を落とします。
「レイヤースタイル」で「ドロップシャドウ」ですね。
色をちょっと濃い目のグレーにして、距離1、スレッド0、ぼかし3くらいでちょうど良いかと。

17

ちょいちょい微調整はした方がいいかもしれません。お好きにどうぞ。
ちょっと慣れてきたら、別の柄やテープの形を形成する際にちょっとだけ
折れたようにしてみたりすると、よりソレっぽくなるので、お試しくださいな。

4.完成

ココまで長々読んでくださって、ありがとうございます。
せっかく作ったので、psdデータをこちらに置いておきますので、ご自由にどうぞ!

 

コチラからダウンロードしてお使いください。


わたしがこの記事を書きました。

masutani
masutaniK-1Production クリ部
イラストレーターとか編集者とかやっとりました。
ただいまWEB関係勉強中!HTMLとかCSSとかjQueryとかとかとか・・・。

2014は、園芸とか山登りとかとか、するようになりたいな。

[記事公開日]2014/03/31

コメントを残す