【Ai】紙を破いたような素材の簡単な作り方


【Ai】紙を破いたような素材の簡単な作り方

よく見かける紙をビリビリっと破いたような飾りを使いたいときに、自分で簡単に作成できる方法をご紹介します。では、早速見ていきましょう。


1.新規レイヤーを作成

新規作成から100×100mmのドキュメント用意します。
背景色を「C:74 M:78 Y:100 K:60」にしました。

新規レイヤーを作成

2.矩形レイヤーを追加

背景レイヤーの上に、新しく新規レイヤーを追加し矩形シェイプで100×20mmの長方形を作成します。
背景色は「C:74 M:78 Y:100 K:60」にしてあります。

矩形レイヤーを追加

3.リンクルツール

リンクルツールを選択し、さらにリンクルツールをダブルクリックして「リンクルツールオプション」を表示します。

リンクルツール

ブラシのサイズを「幅10mm、高さ10mm、角度0、強さ15%」、オプションを垂直方向に「100%」に設定します。

リンクルツール設定

ブラシの範囲を先程の長方形の下辺に沿って適用していくと、線がジグザグをしてきますので適度に調整しながら線をゆがませていきます。

リンクルツールを適用

4.コピーしてさらにリンクルツール

次に、長方形をコピー&ペーストし元の長方形の後ろ側に重ねます。拡大・縮小で下に5mm程度拡大しておきます。

リンクルツールを設定

背景色を少し円形グラデーションにしておきました。

コピーして背面に配置

前面にある長方形をロックし、後方に配置した長方形を同じように「リンクルツール」でさらにジグザグさせます。このとき、先程の設定とブラシのサイズなどを変更したほうがランダム感が出せます。

5.完成

完成

テキストなどを入れるとちょっといい感じですね。
結構簡単にできる手法なのでよろしければ是非お試しください!

今回のサンプルをご利用になりたい方は下記よりダウンロードしてお使いください。

コチラからダウンロードしてお使いください。


[記事公開日]2014/06/03

コメントを残す