残された人が色々捗る!ENDING NOTE


140926_title
時期的になんとなくハロウィンぽい冒頭ですが、
つい先日死にかけました。。。。。。。。(゚◇゚;)


ご心配には及ばず、現在は以前と変わらぬ元気さなのですが、
なんとなくこの一見に触れないと気持ち悪かったものでサラッと触れておきます。

死にかけて思ったコトでライフハック的なコトをお伝えしておこうと思います。
病気や事故や事件や災害など、
「運悪く」とか一言で言っちゃえば、いくらでも「生」あるものは「死」と隣り合わせ
そうなる前のサバイバル術やら健康維持方法は
何かしらみなさん身に付けつつ生活していると思います。
また、
「いざ!何かピンチが起こった時のために!」
なんて危機管理能力の高い方もいらっしゃることでしょう。

とはいえ、
病気になった人も事故にあった人も、「まさか自分が!」とか全員思っていたと思います。
でも今回お伝えしたいのは一つ。

身動きとれなくなってからじゃ遅い!

ピンチになった状況を、職場やパートナーや友達に伝えなければならない!
そんな時でも同居人が何も知らないとどうにも連絡が取れないのです。

今日、もし意識がなくなったり、最悪亡くなってしまったら、

  • 今週予定していた友達との旅行の約束はどうしますか?
  • 明日プレゼン予定の資料の在り処は誰か知っていますか?
  • 通帳や大事なものの場所、各種IDパスワードはどこかにメモして残していますか?
  • 死んだら見ずに処分してほしい恥ずかしい物はありませんか?
  • 遺影は気に入ってる写真にしてほしくないですか?
  • 人には知らせていない大切な人がいたりはしませんか?
  • 自分の治療方針なのだからコレだけはお願い!ってコトはないですか? などなど・・・

昔の日本では、
各家庭の電話の横なんかに電話番号帳なんぞがあって、
親密にしている人の連絡先が書いてあったり、
個人個人手帳に電話番号や住所が書き込まれていたりしていましたよね。
そこから、なんとなく連絡すべき関係の人は同居人なら見いだせたのでしょうけど、
現代では、
各々が携帯電話を持ち、自分だけのコミュニティの連絡先を個人が管理する。
同じコミュニティの友達がいるパートナーだったとしても
連絡先までは知らない。
当人の携帯電話から電話番号を見ようとしてもロックがかかっていて知ることができない。

そうなっても大丈夫ですか?

終活とか流行ってましたが、もっと気軽に

なんて色々脅すようですが、
家族にしても結婚していても、秘密の一つや二つ全てを知られている必要なんてないと思うんです。
とはいえ、ホントに連絡関係でスマホを手にとるまでホント落ち着きませんました。
おちおち死んでもいられません(笑)。
実際、食い違った伝言ゲームも行われていましたし、指示系統は大事ですよね。
日頃から「この人に言っておけば大丈夫」という人を各分野ピックアップして伝えておくだけでも違うと思います。

こんな至れり尽くせりなモノも出ていますが、
もっと気軽にただのノートでもいいかもしれません。
信頼ある同居人に
「もし自分に何かあったら開けてくれ!」的な中二病が大喜びな
とっておきワードをお互い伝え、「もしも」に備えておくといいかもしれません。

 

 

 

 


あ、でもそのエンティングノート、ある程度の頻度で更新しないと
現在は気まずい前の職場や昔の恋人とかに
連絡されちゃう可能性もあるから、気をつけてね!

わたしがこの記事を書きました。

masutani
masutaniK-1Production クリ部
イラストレーターとか編集者とかやっとりました。
ただいまWEB関係勉強中!HTMLとかCSSとかjQueryとかとかとか・・・。

2014は、園芸とか山登りとかとか、するようになりたいな。

[記事公開日]2014/09/26

コメントを残す