気温別・何着たらいいの?解消法


140507title

GWも終わっちゃいましたね~。
みなさん衣替えしましたか?私はまだです。
だってGW最終日5/6も薄寒く何着たらいいんだ?この気温!というお天気。
これから梅雨もやってきて、なんだかんだ春秋って何着ていいか惑わされるコトが多い季節に感じます。
オシャレ的な意味合いとは別に寒暖差対策としてのレイヤードファッションで迷いますよね。
そこで、気温別(その日の最高気温が目安)レイヤードファッションの参考になるサイトをいくつか見つけたのでご紹介。


まずは一般的な気温と服装の目安

<<気温と服装の目安>> 
その日の「最高気温」を基準にして 
○22℃~20℃…半袖と長袖の分かれ目 
○20℃~15℃…秋物のセーター、または1枚羽織るもの 
○15℃以下~ …冬服に着替える目安 
ちなみに、コートやブーツは「最低気温」が10℃になった頃を目安にするとよさそうです。 
最低気温が5℃になったらマフラー、手ぶくろを使いましょう。
一般的な気温と服装の目安 | ライフハックちゃんねる弐式より抜粋~

それから

  • 21℃〜25℃→長袖のシャツ
  • 16℃〜20℃→カーディガンなどで重ね着
  • 12℃〜15℃→セーター
  • 7℃〜11℃→コート
  • 〜6℃→コート+マフラー

ただこれは、日平均気温であって、気象条件や標高によって大きく変わる。
戦争が生んだ天気予報とカーディガン(Excite Bit コネタ) – エキサイトニュースより抜粋~

ココからは「天気予報」と「カーディガン」が戦争によって産まれたコトを知りました。
まぁ、大体同じようなコト言ってますね。

毎日チェックするのに便利サイト1 tenki.jp

日本気象協会が運営する「tenki.jp
「指数情報」というトコロから、ありがちでありながらも日々の生活に助かる「洗濯指数」や「傘指数」から
謎の「のど飴指数」や夏季限定の「汗かき指数」や「ビール指数」なんかも割り出してくれています。
この中の服装指数が10から100まで記されていて、指数が少ないほど寒い!指数が高ければ暑い!
レイヤード具合も一目瞭然!視覚的に判断しやすく、わかりやすいです!
site1site1+

毎日チェックするのに便利サイト2 今日の重ね着

スマホアプリとして携帯してチェックするとイイかもな「今日の重ね着
重ね着具合のイラストもかわいい!でも難点を言うと、
16°の時のファッションと26°の時のファッションが一緒っていう・・・・なんともアテにならないオススメコーデ(笑)
site2

毎日チェックするのに便利サイト3 WEVTHER

なんともシャレオツな「WEVTHER」
写真で見せてくれていてキレイですし掲載されている商品を買うコトもできるようですが、
海外サイトなコトもあり判断しにくいです。
site3

結局、tenki.jpがいろんな面で面白く参考にもなるサイトだと思いました。
とはいえ暑い寒いなんぞの体感温度は個体差で大きく違ってくるので、
冒頭に書いた気温での服装目安を基準に、自分が寒がりか、汗っかきかなど考慮して決めろ!ってコトですよね。
あとは今日はデスクワークなのか、外回りなのか、BBQなのか、登山なのか、プールなのか、その場その場のTPOに併せて
選べばいいんじゃないでしょうかね。
なんとも元も子もない結末でした(笑)


わたしがこの記事を書きました。

masutani
masutaniK-1Production クリ部
イラストレーターとか編集者とかやっとりました。 ただいまWEB関係勉強中!HTMLとかCSSとかjQueryとかとかとか・・・。 2014は、園芸とか山登りとかとか、するようになりたいな。

[記事公開日]2014/05/07

コメントを残す