改めて思い出そう「当たり前なコト」


140930title
♪右足を出して、左足を出すと♪・・・・・歩ける♪ 当たり前体操♪♪

ウフフフフフ懐かしいですね~。
流行っていたのは2011年だったみたいです。もう3年も経ったんですね。

紅葉を楽しみながらのハイキングというなんともほのぼのした週末が、
御嶽山噴火により、とんでもない週末になりましたね。
先日もココに書きましたが、いつ何が起こるかわかりませんね。
だからこそ、一日一日を大切に、当たり前に過ぎゆく時間を
時には意識して体とココロで感じたいものだな・・・なんて思います。


現在、
NHKのEテレにて土曜7:00~7:15と金曜15:45~16:00(再放送)に放送中の
『デザインあ』という番組はご存知ですか?

身の回りにあるものをデザインの視点から見つめ直すことで、「デザインの面白さ」を伝えつつ、子供達の「デザイン的な視点と感性」を育むことを番組の目的としている。

Wikipediaより

と、子供向け番組と言いながらも、大人も楽しめる昨今のEテレらしい15分番組です。
昨年、六本木にて「デザインあ」展なるイベントも行っていたので知っている人も多いかと思います。
主なコーナーとして参考にいくつか紹介しますね。

  • デザインの観察
    身の回りに日常的にあるものをテーマに、デザインの視点から観察する。
    観察対象となる「モノ」は、ボールなら野球やテニス、ラグビーボールというようにカテゴリごとに紹介される。
    「ボールにも色々あるんだね!」ってな具合です。
  • つくる
    学校やお茶の間などで使われる、身の回りのものが手に届くまで、
    原料調達から、どのようにして製作されるのか順を追って紹介される。
    BGMが無く、シンプルに作業音だけで構成されているコーナーなので、
    そのモノへの有り難みとか職人さんの「匠」感がすごい出ています。
  • デッサンあ
    テーマとなる一つのモノを老若男女12名がイーゼルを立てて囲み、
    黙々とデッサンを行う。
    360度から描くコトになるのですが、いつも椅子取りゲームみたいにならないんだろうか?
    と思って見ています。(描きにくいアングルからは嫌ですよね。。。)
  • 解散!
    身の回りの物や食べ物を、分解してバラバラにさせるコーナー。
    寿司だとしたら米の一粒一粒、自転車だとしたらパーツの一つ一つが
    まるで生きているかのようにバラバラになって、最終的に整列します。
    こーれはホント毎回脱帽!書籍にもなっていますので、
    本屋さんで見かけたら是非ご一読を!
  • デザイン問答
    先生(声:平泉成さん)と少年のやりとり。
    先生にモノの形や仕組みについての素朴な質問を少年がして、
    形や仕組みには様々な理由があってその形になっているコトが学べます。
    電話子供相談室のようなシチュエーションで、姿が相手に見えていないので、
    先生が年や容姿をサバよんでいるトコロがかわいいです。

などなど、その他にも魅力的なコーナーはいくつもありますが、
今回紹介したいのは「考えていない」というコーナー。

「考えていない」・・・でしょ?

普段何も考えてないで行動しているようなコトに対し、実況がつけられています。
実況されるコトで意識させられる当たり前の行動。
今まで意識したコト、ありましたか?

くつ

shoes1 shoes2 shoes3
【実況】
さぁ、足がスニーカーにアプローチします。穴の中を目指し、スピードを抑えながら慎重に向かっていきます。
うん、うまく、蹴飛ばさずに中に入れたようです。
さぁ、続いて? サポート役の、手が降りてきました。
人差し指と中指で靴のかかと部分を外側へぐいっと引っ張ります。
そのお陰でできたスペースにすかさず、足が入り込みます。
スポッ、と、かかとが入りました。
さぁ、ここまでくれば、あと少しです。
さらに靴の中に足を入れ込むため、ダメ押しのつま先とんとん。
1回、2回。決まりました!!!みごと、スニーカー装着、完了です。

water01water03 water02
【実況】
まずは口元を目指し、右手がコップをリフトアップです。
両目はしっかりと水の動きを捉えています。
ゆっくりとコップを傾けていきます。
口は? まだ開かない!開かない!!
ここで開きました!!!!!
そのまま、下唇の上にコップの縁を載せます。
そして、唇の両端をキューっとコップにくっつけることで、
水が端から洩れるのを防ぎます。
唇の形をキープしたままで、顎を上げていきます。
自然と水は口の中へと流れていきます!
おーっと、ここで、右手がコップを下げ始めました。
と同時に、唇は閉まりました。
コップが離れていくのに合わせて、頭も元の位置に戻りました!
どうやら、求めていた水分量が無事に確保されたようです。

 

毎日毎日行っているコトも、こうやって実況とかされると
実は当たり前じゃないのかな。
体が不自由になった暁には、この一つ一つの行動が当たり前じゃないのだろうな。
五体満足で生きていられる今、一秒一秒を噛み締めていきたいものデス。

わたしがこの記事を書きました。

masutani
masutaniK-1Production クリ部
イラストレーターとか編集者とかやっとりました。
ただいまWEB関係勉強中!HTMLとかCSSとかjQueryとかとかとか・・・。

2014は、園芸とか山登りとかとか、するようになりたいな。

[記事公開日]2014/09/30

コメントを残す